心理カウンセラー資格は意味ない?|通信教育の資格で就職したい人必見!

比較的手軽に取れる資格として心理カウンセラーの資格がありますけどこれらは、

もし資格を取ったとしても就職には繋がらないと言われています

実際に求人の募集要項を確認すると分かりますけど、

医療系のカウンセラーの仕事というのは、大体の場所に置いて臨床心理士の資格が必要になります。

最近では新しくできた国家資格の、 公認心理師でも募集できることが増えてきて、

基本的にはこの臨床心理士か公認心理師の資格が必要で、 求人によっては産業カウンセラーの資格でも大丈夫というのが心理系の仕事の基本的な応募条件になります

つまり通信教育などで取れる心理系の資格は、就職に有利になるかって言うとそんなことはなくて、あくまでも趣味レベルの域を出ないというのが実情です。

心理学の資格と言うと、

ユーキャンだったり、 キャリアカレッジジャパンのカウンセラー資格などありますが

これらはいつでも就職に有利になることはないです。

通信教育で臨床心理士の取得資格を取ることはできない

心理学系の資格で最上位なヨガ臨床心理士ですけど、 臨床心理士の資格を通信講座で取ることはできません。

それどころか心理学系の大学を出ても臨床心理士になることができず

指定の大学院を卒業して初めて臨床心理士になる受験資格を得られるという状況です。

軽い印象心理士への道は狭いんですけど

心理カウンセラーとしての資格は実はそれほど多くはなくて、やっているのが実情のようです。

つまり心理学系の資格というのは、 臨床心理士ですら就職口に困るぐらいですから、

就職するためにわざわざ通信教育を受けて取るべきものではないと言えます。

心理系の資格のランキングはどんな感じか

また、心理学系の資格のランキングつけるとするなら、

臨床心理士>産業カウンセラー>>>>>>>>>>>>その他通信教育で取れる資格

という感じになると思います。

仮に、 心理学じゃない大学を出ていたとして

一度就職した後の心理学系のカウンセリングカウンセラーになりたいと思って資格を取ろうとした時に、

一番有効になるのは産業カウンセラーということになります

その産業カウンセラーでも産業分野ではいいかもしれませんが医療分野では全く役に立たない資格です。

そう考えていくと、 通信教育で心理学カウンセラーの資格を取ることは

就職する目的からは完全に離れていると言えます。

コメント