心理カウンセラー資格に年齢制限はある?|40歳で取る心理系資格について

心理系の資格で一番簡単で取りやすい資格として、 心理カウンセラーという資格があります。この心理カウンセラーに年齢制限があるかと言うと、年齢制限は特にありません。

年齢制限だけではなくて受験の制限も特にないので、

40代でも勉強すれば取れるし

もちろん高校生でも取れる資格になります。

心理カウンセラーを取得するわけが、 就職のためなら、 心理カウンセラーの資格をとっても意味はありません。もちろん心理カウンセラーとして独立してカウンセリングをしていきたいと言うのであれば、とってみるのも良いと思うんですが

どこかの企業にカウンセリング職として就職することを考えた場合、 心理カウンセラー資格を取っても意味はないと思います。

これは心理カウンセラー資格だけの話ではなくて、通信教育で取れる心理学系の資格は全て企業で働くためには意味がない資格です。

心理カウンセラー資格取得したからといって就職口があるかと言うと、

ないと思っておいた方がいいです。

なぜ、心理カウンセラーのような取得に条件がなく誰でも取れるような資格は就職する時の武器にならないかと言うと、

心理カウンセラーの資格などは民間資格と言って国のような公的な機関が発行している資格ではありません。そのため、公的な意味で価値がないからです。

就職の時に使える資格と言うと、

おおよそ三つぐらいに限られてしまうんです。

多くの求人を見てみるとわかるんですけど、心理系の職種に対しての募集条件は

・臨床心理士の資格取得者や、

・公認心理士の資格取得者、

が中心になっていて、 職種によっては産業カウンセラーでも問題ない

という場合が多いです。

これらの募集条件に、 通信教育で取れる資格が期待されることはありません。

また借りに大学を受けたいという時でも、肩慣らしのために民間の資格という意味であればとることは全く意味がないです。

もし資格を取るなら心理学検定をとろう

もし医心理学系の資格を取るんだとしたら、通信教育で取れるような資格ではなくて心理学検定の一級二級を取りましょう。

心理学検定の公式サイトはこっちです
http://www.jupaken.jp/

心理学の各分野の基礎を出題範囲としているので、心理学に関する幅広い知識を得られると思います。

心理学系の大学を卒業すると一部の試験が免除されることから考えると、

概ね大学で勉強するような内容が試験の出題内容という風に撮ることができます。

もし大学院勉強するために心理学系の勉強しなくちゃいけないのであれば、

心理学検定をとっていくのもひとつの勉強方法ではないかと思います。

コメント