幼児、児童の心理カウンセラーになる資格には何がありますか?

幼児や児童の心理カウンセラーになるために、どのような資格を取ったらいいか悩む人は多いと思います。

仮に幼児や児童の心理カウンセラーになるとして、

大学の受験はどこにしたらいいのかとか、

学部心理学部にするべきか、 それとも心理学以外の学部で保育士や表示共有を取ることをまず行った方がいいのか。

児童や幼児の心理カウンセラーになるためには、

臨床心理士の資格が必要か必要じゃないかとか、

最近できた公認心理師で十分心理カウンセラーとして働くことができるのかとか

色々と悩むところが多いと思います。

最終的なゴールとして幼児や児童に関わる心理士になりたいという考えていくとすると

仕事の内容としては、子どもや保護者への援助と保育士に対する心理的なケアなどが仕事になると思います

幼児児童の心理学カウンセリングのためにも幼児教育の知識が必要と思う

最終的な結論を目指すんであれば、心理学に入ってから勉強しても

幼児教員の資格を取るための法学部に入ったとしても結果的には同じになるかなと思います。

違うところがあるとすれば、 幼児教育の資格誰が途中で挫折して大学院に行かなくても就職しやすいという面はあると思います

それに幼児の心理学となると

幼児や児童に対する知識を多くないとうまくその心理を理解することは難しいと思うので

まずは保育士もしくは幼稚園教諭のどちらかの資格を取って、

その際に幼児心理学の授業もとり一般的な心理学の見識を深めておいて

それをベースに大学院で心理学を磨いていくというのが良いと思います

心理学理系の仕事の就職口を考えると、

大学院まで進んで臨床心理士を取っておけば、

心理学系の職に就くのはとりあえず条件を満たすことはできます。

大学では保育士や幼児教育を取って幼児心理学の科目をしっかりと知っとくして

幼児の心理について 見識を深めた上で大学院でより深い心理を研究して行くのが良いのではないかと思います

公認心理師を取りたい場合は、心理学経の学校を受けた方がいい

公認心理士という国家資格が最近できてその資格を取りたい場合は、

幼児教諭や保育士の免許が取れる大学で心理学の勉強をするのがいいと思います

公認心理師の資格が、心理学部卒業じゃないと取得できない可能性があって

また臨床心理士をとることを視野に入れると、 大学院受験が必要になるので心理学部で心理について基礎的な勉強を積んでおいた方が大学院受験の時に有利だと思われるからです

また大学によっては、内部受験の場合は簡易的な試験と面接などで合格していた大学に行ける場合もあるので、 臨床心理士まで取得した上で幼児や児童の心理カウンセラーになりたいと考えているのであれば

心理学系の大学を選ぶことも良い選択じゃないかなと思います。

結果的に、なりたいものがはっきりわかっていればどちらを先にしても問題はないんですけど、 途中で挫折したりする可能性を考えると教育の方に集中しつつ心理学を勉強する方が良いのではないかなと思うわけです。

コメント