片思いを成就する!恋愛心理学テクニックまとめ

片思いの彼との恋愛を成就させたいけど、「どうすれば親密になれるかわからない。」と悩んでいませんか?

悩んでいるのはあなただけではありません。

  • 彼の気持ちがよくわからない

  • どうすれば仲良くできるかわからない

  • 彼との距離の詰め方がわからない

  • アピールして嫌われたら怖い

意中の彼との関係について、多くの片思いさんが悩んでいます。

そこで、片思い中のあなたが使える、簡単な恋愛心理学のテクニックをまとめたリストを作成しました。

ここで取り上げたテクニックを使って、意中の彼との片思いを両思いにして欲しいと思います。

印象が決まるのは会って3回目まで「スリーセット理論」

相手が受ける印象は、出会って3回目までで固定されると言われています。

  • 最初に第一印象を感じて

  • 2回目でその第一印象を確認して

  • 最終的に3回目で印象を固定化する。

つまり、3回の会うことであなたの印象が相手に固定化されてしまうということ。

それをスリーセット理論といいます。

スリーセット理論で注意したいのは、最初に与えた印象を覆す事はとても難しいと言う事です。

男性はスリーセット理論に基づいた判断をしやすいと言われています。

男性にとって第一印象で重視するのはズバリ外見です。世間的には内面が大切と言われていますが、男性にとって第一印象は外見や表情などの外的要因で決めます。

出会いがいつあるかわかりませんから、ファッションやメイク、表情や話し方など外的要因を磨いておきましょう。

もし既に3回以上貼っていて進展がない場合は、少しリセット期間をおいておく必要があると思います。

相手からの印象が薄まってから、全然別のイメージでアプローチすることで過去の印象がリセットされるそうです。

ギャップが激しいほど印象深い「ゲインロス効果」

ゲインロス効果とは、いわゆるギャップ萌えと言われているものです。

ツンデレ

勉強できるのに天然

いつもパンクなのにプライベートではスカート

ギャップ萌えといってもいろいろあると思いますが、とにかくギャップが激しい方が印象が良くなるって言う理論です。

ただ注意も必要で、マイナス印象を与えておいて、そこからプラスの印象で大幅に好感度アップって書いてあるサイトもあるけど、それはちょっと違うと思う。

ギャップで印象が残るなら、別にマイナスの印象与える必要なくて、別のベクトルのプラス印象を与えれば良いと思います。

別のベクトルのプラスの印象では、マイナスの印象にプラスの印象をぶつけた時と比べたら、効果は確かに少ないです。

だからといって、マイナスの印象を打ち消すとは限らないので、闇雲にマイナスの印象を与える必要はないと思います。

「こんな面もあるんだ。」と思わせればOKです。

好意は好意で帰ってくる「好意の返報性」

片思い中には、好意の返報性の原理が有効だと思います。

  • 何かしてくれたら、何かしてあげなくちゃと思う気持ち

  • 好意を持ってくれている人に興味を持つこと

つまり、好意の返報性とは、こちらが好意を寄せれば、相手も好意を返してくれる、という法則です。

なかには、先に告白して、こちらが好きと言うことを伝えてしまう、というテクニックもありますが、振られたらショックなので、私はできそうにないです。

友達に噂をの流してもらうのが良い方法かもしれません。「〇〇君がタイプだって言ってたよ。」と言ってもらえれば、それだけで興味を持ってもらえると思います。

秘密を共有して仲良しに「自己開示の返報性」

相手と仲良くなりたいのであれば、少しだけ自分の秘密を話してみましょう。

そうすることで相手との親密度が増えて仲良くなることが出来る、というのが自己開示の返報性です。

恋愛の話で言うと、女性はプライベートな話をすることで親密度を高くしようとしますが、男性はプライベートの話をするのは好きではありません。むしろ必要以上に詮索して欲しくないと思っています。

そのため男性のプライベートの話をすると言う事は、比較的効果の高い状態にあると言うことになります。

小さい要求からだんだん大きく「フット・イン・ザ・ドア」

人間にはいちど要求を聞いてしまうと.その後、自分の行動に一貫性を持たせるために、どんどん要求を聞いてしまうと言う一貫性の法則を利用したテクニックです。

相手にまず小さい要求を飲んでもらい、それからどんどん要求を大きくしていって、最終的に目的を達成することを目指す、というのがフットインザドアです

助けてもらい好きになる「認知的不協和理論」

好きな男性に積極的に頼ることで、男性に好意を持ってもらう方法、認知的不協和理論といいます。

助けた男性は、相手のことを好きになる場合が多いです。

なぜ助けた相手を好きになるかと言うと、気にもならない相手は助けたりしないわけで、助けるって事はきっと俺はこの子が好きなんだってと思ってしまうですよ。

そうすることで、自分の行動と意識のギャップを埋めて、さらにその意識に対して一貫性を求めるために、結果的に助けたことが好きになってしまうんですね。

相手の癖を真似して親近感を得る「ミラーリング効果」

と同じような行動をとることをミラーリングといいます。ミラーリングされた人は潜在意識でこの人とは似たようなところがあると認識して好意を持ってくれると言われています。

多分、ミラーリングと言うのは、好きな人の癖が移ることを意識して行うことで、相手に自分が好意を寄せていることに気づいてもらうと言うことだと思うんです。

しかし、真似されるのは気持ち悪いだけなので、ミラーリング効果は相手の印象抑える可能性も高くなるリスクもあるということを覚えておいて欲しいです。

頻繁に会う人に好意を持つ「ザイオンス効果」

ザイオンス効果は、単純接触効果とも言われていて、会う回数が増えるとその分仲良くなる効果になります。

特に男性に効果があるテクニックになります。

男性は近くにいる人を好きになる傾向が非常に高いです。彼と仲良くなりたいのであれば、会う回数、ラインで接触する回数を増やすのが良いと思います。

2択にして選ばせる「ダブルバインド」

ダブルバインドはこちらの問いに対してイエスかノーかで答えさせるのではなくて、 A か B かという答え方をさせることで断られる確率を減らすという方法です。

「遊園地と映画館どっちがいい?」

「電話番号か LINE ID どっちか教えて?」

「○○と私付き合うならどっちがいい?」

「このあと、ホテルと家どっちに行く?」

ときくことで、誘いを断られる可能性を減らしていく手法となります

感覚的にイエスという答えを出しにくいものは、 YES 前提でその次のどっちにするかっていう質問を投げた方が相手も答えやすいみたいです。

ただ使い方には注意する必要があります

重要な決定を2択で迫ると、後でどっちも嫌だったということに気が付いた時に取り返しがつかないことになるので、仲が良かったり距離感が近かったりするときに使うと良いと思います。

美味しい食事で距離を縮める「ランチョン・テクニック」

ランチョンテクニックと言うのはおいしい食事と環境が相手の好印象につながると言う環境的な心理学です

簡単に言うと、おいしい食事と一緒に聞いた話とか、その環境にいた人のことを好意的に受け止められると言うことが多くなります。

この商談がおいしい料亭で行われるのは、実はこのランチョンテクニックを使っているからです。おいしいものを食べさせてこちらの要求を飲んでもらおうと言う下心があるわけですね。

アンザッシュの渡部さんとか美味しい店をたくさん知ってる人が人気があるのと一緒で、おいしいお店に連れてってくれるって言うのが好印象につながりやすい側面はあります

「ジョハリの窓」

ジョハリの窓と言うのは自分が認識している部分と相手が認識している部分を4つの窓と言われるカテゴリーに分けて理解することです。

4つの窓と言うのは以下の4つです。

開放の窓:自分も他人も知っている

盲点の窓:自分が気づいてないが、他人は気づいている

秘密の窓:自分は知っているが他人は気づいていない

未知の窓:自分も他人も気づいていない

恋愛に活用する場合は、開放の窓と盲点の窓の2つについて褒めると、相手からこんな部分も見てくれているんだ、と思ってくれて、親近感が増すと言われています。

「パーソナルスペース」

パーソナルスペースとは、自分の周りに展開されていて、入られるとストレスを感じる距離のことです。

パーソナルスペースは相手との親密度に応じて距離が変わるので、相手と自分との親密度を図る目安に良いと言われています。

第3者から聞いた情報の影響が大きい「ウィンザー効果」

直接言われるよりも、第三者から間接的に言われる方が、信用性や信頼性が上がるという効果です。

例えば、友人から、Bさんが「〇〇君みたいな人がタイプだって言ってたよ。」と聞かされたら、気になってしまうと思います。

好きと言われたわけじゃないんですけど、タイプと言われるだけで間接的に好きって言ってのと一緒なので、気にならないはずがないんです。

基本的には内面を褒めてもらうことで、相手に興味をもって持ってもらい、好感度を上げるテクニックになります。

広めてもらう人を選ぶ必要はありますが、非常に効果が高い方法です

ドキドキを恋と勘違い「吊り橋効果」

ドキドキしている状態を恋愛のドキドキと勘違いしてしまうことを吊り橋効果といいます。

ドキドキしていればいいので、不安定な場所に一緒に行ったり、遊園地のジェットコースターやお化け屋敷を一緒に行ったり、一緒に運動しても効果があると言われています。

ただしこのドキドキによる勘違いは、あくまでも想い違いなので、勘違いしてるうちに次の行動に移す必要があります。

コメント