カクテルパーティー効果:恋愛で使える!印象を良くする事例と使い方

カクテルパーティー効果とは、どんなにざわざわした環境でも自分に関係する事や必要な情報はよく聞こえると言う効果のことです。

例えば、パーティーのように、食器の片方した音とか、周りの笑い声、いろんな人が喋っているような状態で、会話が聞き取りにくい状態になるのがカクテルパーティーです。

しかしそういった環境の中でも、自分の名前とか自分の意識を向けているものについては耳に入ってくると思います。

ちょっと離れたところから名前を呼ばれれば気づくということはよくあると思います。

こんなところからカクテルパーティー効果と言う名称になっています。

今回参考にした動画はこちらです

カクテルパーティー効果を使って初対面の人と親密になる3つの方法

カクテルパーティー効果を使って初対面の人と親密になる3つの方法

カクテルパーティー効果は脳の機能が関係

なぜこのようなことが起きるかというと、脳の機能が関係しています。

脳の機能は自分の重要度の高い情報はよく行拾って自分の関係してない情報はするするといった機能があります。

そのため自分の名前や自分が興味がある事は非常によく聞き取れます。しかし、自分には全く関係ないことはスルーすると言う働きが起こります。

非常にわかりやすい例としては、昨日や一昨日の朝ご飯のメニューは何だったかといったものがあります。

毎日のことで興味を持っていないので、なかなか明後日の朝食のメニューや飲食の身に起こっている人は少なくなります.。

でも、明後日の夕食のメニューを聞かれるっていうことがわかっていれば、夕食のメニューを覚えていられますよね。

つまり夕食のメニューに興味関心があるから、覚えていられるということになります。

もう一つの例としては、今日出かけたときに赤い服を着ていた人は何人いましたか。というものです。

赤い服ですから、目には入ってるはずです。

しかし、注意が向いてないので、答えられる人はいないと思います。

でも朝に赤い服を着ている人が何か数えておいてください、と言っておきます。

そうすれば、赤い服の人が何人いたか答えられると思います。合ってるかどうか別として。

カクテルパーティー効果を使って相手と仲良くなる方法

カクテルパーティー効果を普段の会話にうまく活用するためには、相手の気になる木はどう通の中に神の子ませて行くってことになります。

そうすることで、相手の興味や関心を常に自分に向けてことができるので、初対面の人でも仲良くなったりすることが可能です。

積極的に名前を呼ぶ

買い物途中途中に、積極的に名前を呼ぶことで親密度がアップするると言う実験結果が得られています。

実験と言うのは、不特定多数の男女に15分間会話をしてもらいます。一方は積極的に名前を会話の中で呼ぶグループ、片方は名前を全く呼ばないグループです。

この実験の結果で、名前を多くジョブグループの方は、お前を呼ばないグループよりも、

  • もう一度会ってみたい、
  • 非常に仲良くなれた

と言ったとか得られています。つまり、名前を呼ぶことで、親密度が高くなったという結果が出ています。

相手の職業にまつわるキーワードを散りばめる

相手の職業に関するキーワードは、相手の興味関心が高いことが多く、こちらに意識が向きやすくなります。

手法は特に物売るときに使用されているようです。

  • 飲食店で働く人のためのハンドクリーム
  • 1日中立ちつずける販売員のためのフットケア

このように職業絞り込むことで、相手に刺さりやすいメッセージを送ることになります。

相手がよく使う独特な言い回しをまねる

相手が使っている独特の言葉と言うのは、自分自身を使っていくことで、仲間意識が芽生えるようになります。

使っている言葉を口にすると言うのは、ミラーリングの効果なると思います。

その言葉を使っていると言う事だけで、仲間意識が芽生えるものです。

例えば、動画では、激起ぷんぷんまる。という言葉が使われていましたが、最近では、まじ卍なんてのもあります。

独特な言葉というのは、若者言葉、ネットスラング、テレビではやってる言葉などが多い傾向になります。

これらの言葉は知らない人にとっては、何言ってるか全く意味が分からないんです。

しかし、知っている人たちにとっては、共通のことを知っている仲間という意識が芽生えます。この言葉を知っているということは趣味が合うじゃないかと思われるてことだと思います。

相手の言葉に合わせるというのは、ビジネスシーンでも使える方法です。相手と同じ言葉を使うことで親近感や仲間意識というもの潜在的に相手に思い込ませることが可能ってことですね。

つまり、相手の使っている表現を積極的に使うことで仲良くなれる可能性が高くなります。

カクテルパーティー効果を普段の会話に使うコツをまとめると

カクテルパーティー効果を普段使いするコツをまとめると、

  • 会話相手の名前を積極的に呼びながら、
  • 相手の興味のある職業や趣味に関連するキーワードを散りばめて、
  • 相手の特徴的な言い回しを真似ながら会話をする

そうすることで、初対面の人とでも仲良くなりやすいということになります。

カクテルパーティー効果って、初対面の人に対してよくやる共通点をすることで、効果を高めることができるんじゃないかと思いました。

相手との共通点を探すことで相手の興味関心を引くキーワード知ることができるので、カクテルパーティー効果を最大限に活用できるという感じですね。

カクテルパーティー効果が手軽なのは、良くなりたい人の名前を積極的に呼ぶだけでよいということです。

たったこれだけのことですが目に見えて効果が出るので、仲良くなりたい人には積極的に名前を呼びかけると相手から受ける印象が大きく変わって親密度が上がると思います。

コメント