恋人の嘘を簡単に見抜く3つの心理学テクニック

彼氏が嘘ついてるかもしれない。
どうすれば彼のウソを見破ることができるか?

嘘を見破る方法について、心理学テクニックを3つ紹介したいと思います。

ここでは、
嘘をつく人が行動に表すときに
どんな行動をするか?
ということを紹介しています。

この仕草をしている人は嘘ついてる可能性がぐっと上がりますが100%ではないと思います
これ以外にも嘘を見破る方法はまだたくさんあります。

【心理学】簡単に【嘘を99%】見抜く3つの方法

【心理学】簡単に【嘘を99%】見抜く3つの方法

目の向きを見る

目は口ほどにものを言うと言います。
その通りで、目の動きによってウソを見抜くことが可能です。

話している相手が
ウソをついている時は、右上を見る傾向があります。
本当の時は、左上を見る傾向があります。

このような視線の動きになるのは、
視覚的に、

まだ経験していないことを視覚的に作り出そうとしている時は右上
過去の出来事を視覚的に思い出そうとしている時は左上

を見る傾向があるからです。

ただし、視覚の動きでウソがバレることを知っていれば、自分でコントロールすることは可能です。

トレーニングをすれば、完全に視覚的な動きは使わずに嘘をつくことが可能になるので、
嘘をつくことに慣れてる人や、トレーニングをしている人については、視線の動きでウソを見破るのは難しいと思います。

また、視線の動きはわずかの可能性があるので、一瞬の目の動きを見逃さないようにする必要もあります。

聞き返す人覚えていない人

質問したときに聞き返す人がいますけど、あれは嘘をつくために時間を稼いでいる可能性が高いです。

聞き返された相手は、もっと詳しく聞き出そうとするので、その間にうまいウソを考えようと言う作戦です。

そして、聞き返すことをする人は、覚えてないと言って逆ギレする人います。
あれは、ほぼ間違いなく、良いウソが思いつかなかったから、逆ギレしとこうってヤツです。

覚えて無いと言ってる時点で、嘘ついていると言ってるようなものです。
ウソがバレるのを逆ギレで防ごうと言うのは、ずいぶん頭悪い方法だと思います。

こう言う相手には、聞き返された時点で、すぐに聞き返さずに様子を見ましょう。

その空気感に気まずくなって、視線を逃してみたり、変な仕草をしたりすれば、ほぼ間違いなく嘘ついてると断定できると思います。

変な仕草をする

嘘をついているときにはその場から早く逃げたいと言う感情が働くので、次のような仕草をする場合があります。

体の向きが変わる
腕を組む
ポケットに手を入れる

体が物を変えると言うのは明らかに興味が薄れているということを示します。

興味があるときは体の向きは自分の方を見ているんですけど、興味がない時は体の向きが違う方向に向きます。

これは足の向きも同じです。
今まで体が自分のほう向いていたのに、急に体が違う方向を向くということは、自分から逃げ出したい事になります。
つまり、ウソをついている可能性が高くなります。

腕を噛むと言うのは相手を拒絶する時に行う仕草です。拒絶すると言う事は、これ以上追求して欲しくないと言う感情の表れですから、嘘ついてる可能性が高くなるとます。

ポケットに手を入れる心理と言うのは、主に3つの心理状況が考えられます。

恥ずかしがり屋
自信がある
嘘をついている

特に普段はポケットに手を入れていないのに、このまでの時だけ手を入れたとか。
この場合は風呂ついてる可能性が十分にあります。
もともと手には手の内を隠すって言う意味合いがあります。

手のひらの部分を隠すと言う事は、相手に心理状況を知られたくないと言う意味合いが体に出ています。

つまり、この話はできるだけ追求されたくないと言う意思表示になります。
嘘ついてる可能性が十分に高くなります。

まとめ

今まで嘘をつく人の傾向について3つ話してきました。この話を総合すると、

ポケット内を突っ込みながら、何?覚えてねーよっ!て、右上のほうに目を向けながらな答えを返してくる人

こんな人がもしいたら、嘘ついてるのは間違いないと思います。

もっともこんな人は、このサイトを見なくても嘘ついてることバレバレだと思いますけど。笑

嘘ついてる仕草まだまだこれ以外にもいろいろあります。

いきなりそわそわしてくる人とか、後は話をするときに、1箇所を集中して見ている人なんかも嘘ついてる可能性はあります。
話のテンポがずれるなんていうのもおかしいです。

嘘を見破る方法としては、同じ話を何度も聞いて矛盾点を見つけるって言うのが1番手っ取り早いです。

事実とは違って、空想で作られたものになるので、どこかで必ず辻褄が合わない矛盾点ができます。
その矛盾点を見つけるのが1番手っ取り早い嘘の破り方かなと思います。

コメント