お金で損する人の特徴:心理学でお金で得する人になる

もしお金を貯めようと思っているなら、どれだけ無駄な使い方を減らせるかというのが1つのポイントになります。

特に心理会計と言われている、心理的な側面がお金の使い方を左右する効果については、知っておいたほうがいいと思います。

いつもお金に対して合理的な判断をできればいいんですけど、自分の顔に対してはいつも感情的になってしまうことが多いです。

感情的な部分で使う消費行動と言うのは、損しやすいですし間違った判断でお金を使う可能性が非常に高くなります。

無駄な支出を控えるためにも、心理面がお金の使い方に与える影響というのはぜひ知っておきましょう。

知っておかないといつまでたってもお金がたまらない、と言うことになりかねないです。

お金で損する人、得する人の心理学

お金で損する人、得する人の心理学

お金と幸福度の関係

お金があれば幸せと考える人は多いと思います。
そのように考える人が多いようです。

決済で練習とともに幸福度が上がる事は分かっています。ただし、一定のところで幸福度と言うのは頭うちになります。

幸福度が頭打ちになるのが、年収800万から1000万だそうです。しかし、この年収層にいる人は破産する人も多く、お金に困る人が多い年収層なのかもしれません。

たしかにファイナンシャルプランナーの記事も、年収800万から1000万を対象にした記事が多いように思います。

お金はある一定の幸福度をもたらしてくれますが、年収1000万で頭打ちになることを考えると、幸せになりたいからと言って収入増に腐心するのは間違っているかもしれないなって思います。

お金とうまく付き合うには、お金が心理面に与える影響を知っておいた方が良いそうです。

確かに、心に与える影響を知って無駄使いが減れば、それに越した事はないと思います。

お金のバイアス

お金にはバイアスがかかるので、自分で使うお金は他人が使うお金より多く使えると勘違いすることが結構あります。

例えば、北海道旅行に行くとします。先月行った友人は月15万はかかると言っていたのに、自分は予算10万で旅行プランを作りました。いざ旅行に行ってみたら思っていた以上にお金がかかってしまい予算オーバーで慌てる。

これもお金にバイアスがかかっている事例の1つです。こういったことは良く起こります。

このようなことが起こるのは、自分が他人よりもうまくお金を使えると言う潜在的な意識があるからだと思います。その意識がお金を過小評価すると言うバイアスを生むのです。

相対思考のまやかし

元々の金額が高いと、オプションなどで金額が高くなったときに、その金額の上げ幅の違いがあまり気にならなくなると言うのが相対思考です。

例えば、前に4日4000円の駐車場があります。
そして、10分歩くところに1日2000円で停められる駐車場があります。
多くの人が、10分先にある店の駐車場に止めます。それは4000円と2000円で差額の2000円が結構でかい金額だからです。

これが例えば、パソコンだったとして、目の前の店で154,000円で売ってます。10分先の店では152,000円で売ってました。
こうやって並べると、ほとんどの人は目の前のお店で購入していきます。

見学者はどちらも同じ2000円なんですけど、もともとの金額の大きさによって差額の分が気にならなくなってしまうんですね。

このようにもともとの金額が大きいと、オプションで上乗せされている金額が気にならなくなります。このように音の金額が大きくなると、お金に対する意思決定が甘くなることを相対思考といいます

心理会計が無駄使いの原因

環境とか場所が変わると使う金額が変わってしまうというのが真理会計で頭。
例えば、家での初中す。家の子にはペットボトル1本100円位のものを飲んでると思うですけど、これが例えばホテルでジュースを飲むとなるといっぱい声ぐらいかかったりする場所もあるし、記者さんへの弁当500位取れる場所環境とか場所が変わると使う金額が変わってしまうというのが真理階級で頭。

例えば、家で飲むコーヒー。家はペットボトル1本100円位のものを飲んでると思うですけど、これが例えばホテルで飲むとなると、声援ぐらいするホテルもあります。
また、喫茶店に行けば500円くらいかかってしまいます。

普段家で飲食することは、食費なんですけど、例えば外の食事は、交際費とか贅沢費になるので、買う金額に対する心理的な障壁がだいぶ変わってきてしまうんですね。

俺はお酒を飲む時も一緒で、家で飲むよりも薄いハイボールを、3倍も4倍もする値段で飲んでるんですから、金額的に見たら明らかに無駄遣いになるわけです。

このように、使い道によってお金の高い安いと言う感覚が変わってきてしまうのが、心理会計と言う考え方です。

心理会計の実験

心理的な状況によって、おなじ金額のお金なのに、払う確率が大きく変わるそうです。

事前に16千円のコンサートチケットを購入して、いざコンサート会場に来て見ると、購入したチケットがどこを探してもない!!
この時、当日券を買いますか?買いませんか?

この実験では、約90%の人は買わないを選んだそうです。

次に、チケット代の16千円を財布とは別に大事に持ってコンサート会場に行きました。いざチケットを買おうと思ったら、大事に仕舞っておいたお金が無い!!
この時、チケット代として持っていたお金と別のお金でチケットを買いますか?買いませんか?

この実験では、半分以上の人がチケットを購入したそうです。

同じ16,000円の損なのに、立場や状況によって買う買わないの判断が変わると言う面白い実験です。
このように心理的な側面から、お金の使い方に変更を及ぼすことを真に会計といます。

家にある僕は1本3000円以内のボトルしかないのに、外では一杯1000円もするドリンクを飲んでしまうのも、この色関係の影響によるものです。

その他旅行になるとお金を散財してしまったり、夏になるとお金を使う量が増えたりする人は要注意です。

コメント