心理学を応用して相手の心を掴む!激ヤバ恋愛テクニック5選

異性にモテるようになりたい、こんなことを考えてませんか?

異性にモテるためには性格や外見が大切です。

しかし、これがとても良くなくても、心理学を使ったテクニックを使うと、モテるようになります。

心理学をうまく使った恋愛テクニックを5個紹介します。

【悪用厳禁】心理学を応用した相手の心をつかむ激ヤバ恋愛テクニック5・詐欺師、営業マンも使う驚愕のブラック心理学#1【恋愛心理学】

【悪用厳禁】心理学を応用した相手の心をつかむ激ヤバ恋愛テクニック5・詐欺師、営業マンも使う驚愕のブラック心理学#1【恋愛心理学】

yes10回の法則

yes十戒の不足と言うのは、連続してイエスを言ってると、相手の要求を形で安くなると言う事は心理学でわかっています

この法則を一般的にyesの法則、もしくは、yes10回の法則と言います。

使い方としては相手の懐の中で、面白くなる質問を何回か繰り返していきます。

そして相手にたくさんyesと答えさせた後で、本当の要求を伝えるようにしましょう

例えば、次のようなイメージになると思います。

ここでは天気をネタにしてデートの約束を取り付けると言うかなり下手な展開の流れです。

最近天気がいいですね
今日も天気がいいですね
天気がいいと気分もいいですね
天気がいいから外に出かけないなりますよね
今の時期だとドライブが楽しいですよね
一緒にドライブに行きませんか?

心理学の実験結果では同意したくなる質問を5回繰り返した後に、本当の要求をを伝えると良いと言われています。

しかし、イエスを回も言う会話を続けていたらあまりにもおかしいので対策が必要です。

そのやり方と言うのは、会話の中に通したくなる質問を混ぜていくと言うことです。

質問続きではおかしい会話になってしまうので、普通に会話をしながら同意する質問を混ぜていきましょう。

そして6回目の質問にこちらの本当の要望混ぜると良いと思います。

好意の返報性

自分の誕生日プレゼントもらったら、プレゼントを返してあげたくなるという気持ちになると思います。

これを行為の返報性といいます。

行為の返報性というのは、相手から受けた国様自分も返したくなる心理現象のことをいいます。

女性を恋愛テクニックと使うのは結構一般的に疲れてると思います。

これは相手に好きということを伝えるだけで充分です。
そうすれば自分にも好意が帰って来ると言われています。

しかし、そんなに簡単じゃないのはわかってると思います。
いきなりのストレートで好きですなんて伝えても、玉砕するのは当たり前なのでそんなことやっちゃダメです。

これは同じ量の好意を返すことができないと、罪悪感が生まれてしまいます。

相手から受け取った行為が返さないとわかると、人は罪悪感を感じてしまいます。

そのため、段階を踏んで好意の量を増やして行くのがいいです。
さらには、ストレートに伝えるのではなく、こちらが好意があるということがさりげなくわかるようなことをやっていくといいと思います。

例えば相手の名前を積極的に多く、カクテルパーティ理論を組み合わせてみたり、。

相手のことを褒めたり
相手の話に興味を持ったり
相手との距離感を短くしたり

ということをやっていくと効果があると思います。
このようにさりげなく好意を伝えていくと、同じように相手も返してくれるでしょう。
最終的にはあなたのことを好きになってくれるはずです。

そう考えると返報性の怖いって結構怖いですね。使いこなせたら最強かもしれないです。

単純接触効果

単純接触効果とは相手に何回も会っているうちに好感度が上がっていくって言う効果のことです

別名とはザイアンス効果と呼ばれています。

毎日見るタレントの好感度が高いのと一緒です。これは単純接触効果の影響が出ていると言われています。

相手とコミニケーションをとる時間よりも回数が重要と言うことになります。

という事は1回長時間会うよりも、できるだけ細かく頻繁に会っている方が仲良くなれるって言うことになります

この回数には、LINEやメールの解説を組まれているので、LINEを頻繁に後やり取りできるような関係を作るのが1番簡単かもしれないです。

その声は、初めてデートに行く時でも、LINEをうまく使って会う前に仲良くなったことも可能です。

吊り橋効果

恋愛テクニックでとても有名なのは吊り橋効果と呼ばれるものです。

吊り橋効果というのは、心拍数が上がってる時にそばにいる相手に好意があると勘違いしてしまうことです。

これだけドキドキするのは、この人のことが好きだからだ。と勘違いしてしまうんですね。

遊園地、オラ映画、ドライブ等は以前と心拍数が上昇するので、吊り橋効果を上げるにはちょうどいいです。

また、ラウンドワンみたいスポーツをたくさんやるようなところもデートもいいと思います。

認知的不協和理論

人間には自分の思考、感情、行動、に一貫性を保ちたいと言う性質があります。

そのため矛盾していることを考えてしまうと、違和感を持ってしまうんですけど、この違和感を認知的不協和音といいます。

そして、この認知的不協和音を治すために、自分の考えや行動を変えていきます。

何やら難しい理論ですが、恋愛を使うのは結構簡単です。

この理論を使うんだったら、好きな相手にちょっとした頼み事をたくさんしましょう。

ボールペン貸して
ちょっと腕とって
ペットボトルちょっと開けて

こんな簡単なことでいいのでたくさん頼み事をしてみて下さい

あんまりたくさん頼み事する、面倒に思われるんじゃないかと思うかもしれませんが大丈夫です。

なぜなら、人間は、頼み事をしてきた相手を好きになってしまう傾向があるからです。

普通は何でもない人から頼み事をすると言う事はありませんよね。

そのため好きだと思ってない人からの頼み事をかけていると、認知的不況和音が生じます。

その認知的不況和音を解消するために、相手に好意があるから頼み事を引き受けている。と認知的不協和を解消する方向で自分の感情が変化していくそうです

だから頼み上手になることで、モテる人になる可能性があります。

まとめ

今まで相手の心をつかむためのテクニックを紹介してきました。

今紹介したテクニックは、普通のビジネスマン夜の営業や、在日の人たちでも使ってるようなちょっと危ないものばかりです。

正しい目的が違うと言うだけで手段としてまとめ

今まで相手の心つかむためのテクニックを紹介してきました。

今紹介したテクニックは、普通のビジネスマンの営業や、詐欺師の人たちでも使ってるようなちょっと危ないものばかりです。

それだけ相手の心を掴むことができるということだと思います。

あくまでも心理学のテクニックと言うのは道具であって、その道具をどうやって使うかって言うところが大事です。

今回紹介した心理学のテクニックは、非常に高い効果を発揮するので悪いことには吐かずうまく恋愛に使っていきましょう。

コメント