恋愛心理学:効果的な7つの心理学テクニック

恋愛でよく使える7つの心理学のテクニックを紹介したいと思います。

7つの心理学のテクニックが使えるからといって、全部使おうとしないほうが良いです。

自分の状況に応じて効果的だと思うものを選択してください。

恋愛心理学 最も効果的な心理学でも実証されている7つの恋愛テクニックとは?

恋愛心理学 最も効果的な心理学でも実証されている7つの恋愛テクニックとは?

ゲインロス効果

ゲインロス効果とはエロ動じないものの差が大きいほどを相手に与える印象を強くなるということに由来した言葉です

ギャップのある 印象を与えることで 相手に強烈な印象を残すテクニックです

一番わかりやすい例としては女性のツンデレがあります
普段はツンツンしてるくせに2人きりになると ベタベタしてくるようないつもと違う一面っていうのがあるとそれだけで気になってしまうものです

このゲインロス効果は 相手に対して既にあなたの印象が確定してる時にやると効果的です
すでに印象が決まっている場合は 意外な一面を見せることで 今までの印象をガラッと変える効果があります

YES の法則

会話の中で肯定的に答える 質問を連続して投げることで、 こちらの要求に肯定したくなる という効果を得られる法則です

連続で YES と答える質問を繰り返されると 一貫性を保ちたくなるのでそのままイエスと答えてしまう可能性が高くなる という性質を活用しています

イエスセットという心理テクニックがあるんですけどその心理テクニックで何回か YES と答えさせて その後本来のオファーをすると YES と答えてくれる確率が上がるそうです

ただし 簡単な質問をただ繰り返すだけだと 会話に違和感があるので 会話の中で YES と答える質問を投げていくように構成すると良いと思います

ダブルバインド

自分が思ってる方向へ誘導するテクニックです
二つの選択肢を用意するけど どちらの選択肢を選んでも自分が 狙ってる方向へ誘導されるっていう テクニックになります

例えばデートすることが目的だった場合
土曜か日曜日映画館に行かない と 選択肢を用意すると 自分の目的であるデートすることはどちらを選んでも 達成できますよね
このようにどちらを選んでも目的が達成できるの選択肢を用意することをダブルバインドと言います

人間は自由に選べと言われてもできないので こちらである程度選択肢を絞ってあげると 回答を得られやすいということがあります

だから特にビジネスシーンでは 二択 もしくは三択にしていることがほとんどなので 2択で 選択肢を用意されても 特に違和感は感じないと思います

フットインザドア

小さな頼みごとをしてから大きな頼みごとをすると成功しやすいという のがフットインザドアです
ちっちゃい通りやすい要求をどんどん繰り返して言って 最終的には自分の 要求を通してしまおうというのがこのテクニックになります

訪問販売や 無料サンプル 試食販売などが この フットインザドアを使ったテクニックです
特に無料販売なんかは店員に勧められた断りにくくなる人も多いんじゃないでしょうか。

だと言わこれをマクレガーに使うとしたら、物の貸し借りとかSNSの友達申請とか、ちょっとした気軽なものを要求して、少しずつ距離を縮めて、2人で会うような方向にもっていくのが良いと思います。

ザイオンス効果

ザイオンスコーカとは単純接触効果とも言われます。
会う回数が増えれば増えるほど好きな感情が抱きやすくなる効果です。

クラスメートとか部活仲間や同僚など、いつも一緒に過ごすことが多い人に良い印象を抱きやすくなるので、顔を合わせている時間が長い人よりも短くても回数を多く会うことの方が重要です。

ただし、ザイオンス効果の場合は、第一印象で不快感を与えてしまうと、会えば会うほど不快にさせてしまいます。

これは、3回なんちゃらの法則と同じで、まず最初の印象が大事って言う話です。

嫉妬のストラテジー

恋愛において嫉妬という感情はとても大事な重要な位置を占めています。

この嫉妬心をうまく活用して、相手をわざと嫉妬させることで、恋心に火をつけるストラテジーのことです

例えば、なかなか行動に移してくれない彼に対して、ライバルの存在を意識させたりすると汗で焦りが出て先を急ぐかもしれないです。

お互いに好きなのがわかっている状態で、付き合うか付き合わないかの微妙な距離間を保っているときは、有効かもしれないです。

使い方としては、
告白されて困っているとか
食事に誘われたとか
あくまでも他の人に好意を伝えられて困っていると言うことを相談するスタイルがいいと思います。

この時に相手に好意があれば、何かしらの反応があるはずです。

返報性の法則

好意の返報性の法則というものがあります。受けた好意には好意で返そうと言う心理が働くことをいいます。

極端な話をする、あなたが相手を好きになれば、相手があなたを好きになる。というのが行為の返報性です。

ですから、好意の返報性を恋愛で使うんだレバー、まず自分が相手のことが好きだって言うことを、伝える必要があります。

好意を伝えた事で意識してくれるようになります。そこからが勝負になります。

まとめ

恋愛で効果的な7つのテクニックを紹介しました。これら全てを活用すると言うよりは、自分の状況と照らし合わせて使いたいものを使うって言う子がいいと思います。

個人的に効果的だなと思うのは、ザイオンス効果ですね。
特に男性は同じことで楽しんでくれる相手を好きになる傾向があるので、接触回数を増やせばそれだけ楽しい時間が増えて好意を持ってくれる可能性が非常に高まると思います。

コメント